アルバイト医師のメリットやデメリットについて

アルバイト医師のメリットとは

アルバイト医師には様々なメリットがあります。その中で1番のメリットは時間の自由がきくことです。常勤医だと週5日以上は必ず勤務しなければいけません。さらに急患がある場合にはそちらの対応もしなければならず、休日出勤はざらです。それに対して非常勤のアルバイト医師だと夜中に呼び出されることはありません。基本的に休みは自分で組むので自分の時間も取りやすいです。昼間に趣味をしたい場合には夜勤のみを入れるような柔軟な対応も可能です。

アルバイト医師のデメリットその1

アルバイト医師にはメリットだけでなくデメリットもあります。常勤医の場合には病院に事務所があり、税金関係は全て事務職員がします。そのため自分で市役所の住民税担当や税務署に申告する必要はありません。しかしアルバイト医師の場合だと複数の病院を掛け持ちする場合があり、その場合だと年金や国民健康保険など通常事務が行う事を全て自分で行う必要があります。しかも掛け持ちしている数が多くなると管理が難しくなりますが、それも自分で行う必要があります。

アルバイト医師のデメリットその2

アルバイト医師だと普段常勤医と会うことはあまりありません。そのため常勤医との交流はどうしても希薄になります。最新の医療情報も入りにくいため自分で情報を集める必要があります。また常勤医ほど社会的な信用が無いので、クレジットカードや住宅ローンなどの社会的な信用が必要になるサービスを受けたい場合には常勤医と比べるとかなり不利になります。そのため非常勤のアルバイト医師として働く場合にはクレジットカードが使えないと考えておく必要があります。

医師のバイトを探す方法は2つあり、1つはバイト情報雑誌を見て探す方法です。もう1つはインターネットを使って探す方法です。