保育士になりたい方必見!資格取得について

保育士の試験、どうやって対策をとる?

近年人気が高まっている保育士の資格取得をするには、大きく分けて、カリキュラムを設定している大学や専門学校に通う方法と、通信教育や書籍を使用して独学で学ぶ方法があります。保育士の試験には実技試験があり、独学での勉強は難しいのではないかと考える方もいますが、実技試験は基礎的な能力を問われるもので、合格率も高く、十分自宅で対策をすることができます。一番費用が安くあがるのが、独学で学ぶ方法です。インターネット上にも問題が掲載されているので、うまく使えば、かなりコストを抑えることができます。

そもそも、保育士の資格って必要なの?

保育士として働くために、保育士の資格は必ずしも必要ではありません。資格を持っていない人でも、保育士として活躍している方はたくさんいらっしゃいます。ただ、公立の保育園で働きたいときには、保育士の資格が必要になる可能性が非常に高いです。また、持っていれば、間違いなく就職活動の際に有利に働きます。保育士を希望しているけれど、子どもがおらず、育児経験がまるでないという方は、とっておいたほうがよいでしょう。

独学で保育士の資格取得をしたい!

独学で保育士の資格を取得したい場合、まず考えるのが通信教育です。プロの方が作成したカリキュラムに乗っ取り学習を進めることができるため、時間を効率的に使って勉強することができます。高いお金を払ってでも、確実に合格したい、無駄なことはしたくないという方におすすめです。働きながら資格取得を目指す方にはよいかもしれませんね。なるべく安く資格取得をしたいという方は、本屋に並ぶ参考書で勉強する方法があります。自分に合った方法を選択し、集中して勉強をしましょう。

保育園の求人は地方自治体が出している場合が多いので、自分が住んでいる地域や近隣地域の市区町村のサイトをチェックしておくと良いでしょう。