資格なしでも高い時給が約束される!?夜勤のお仕事とは

夜勤というだけで無条件に時給は高くなる

アルバイトをする場合、お金を稼ぐことが目的であれば、当然、時給がいいというのが職場を選ぶ際の前提条件になります。資格や職歴がなくても高い時給を獲得できるものは、たとえば、家電製品や有料サービスの電話でのサポート業務、あるいは工事現場や倉庫内での力仕事などがあります。また、夜勤での組み立て作業や荷物の仕分け作業も時給は高いです。では、夜勤の仕事は具体的にどのようなもので、昼間の仕事とはどういった店が違うのでしょうか。

夜勤だからといって仕事内容は昼の仕事と変わらない

まず、夜勤だからといって仕事内容が昼間の仕事と極端に違うという職種はほとんどありません。組み立てや仕分け作業であれば、昼間にやっていることを夜にもそのまま行うという感じになります。また、休憩時間についても、それほど変わりはありません。夜勤だからといって仮眠時間が特別に設けられているということは、仕事によってはあるかもしれませんが、24時間体制で稼働を行っている工場や倉庫などではないといっていいでしょう。

職場近くにコンビニがあるかを確認しておく

では、夜勤で働く場合の注意点はどのようなものがあるでしょうか。まず、勤務先にコンビニがないのであれば、お弁当や飲み物をあらかじめ用意しておくのが重要です。もし、近くにコンビニがなく、食べ物も飲み物も家から持っていかなかった場合、ご飯を食べることもできずに働かないといけないことになります。また、夜型の生活をしている人がそのまま夜勤をしたとしても、夜、働いているとものすごい眠気に襲われることがあるので、注意が必要です。

コンビニのバイトも捨てたものではありません。十数年まじめに勤務すれば、店長に昇格するチャンスもあるのです。